【配送状況についてのご案内】
年末の繁忙期により、配送業者の遅延が発生する場合がございます。
ご希望の日時にお届けできない可能性がございますのでお早めにご注文をお願い致します。

 

姿勢の悪さからくる影響と改善方法


姿勢の悪さからくる影響と改善方法

後ろ向きで腕を上げて背筋を伸ばす男性

パソコンをしている時、立っている時、座っている時など、気が付いたら姿勢が悪くなってはいませんか?
意識している時は姿勢を良くしていても、いつの間にか猫背になっているという方は多いものです。
姿勢の悪さは、体へ様々な悪影響を及ぼします。
こちらでは、そんな姿勢の悪さからくる体への影響とおすすめの改善方法をご紹介します。

姿勢が悪いと...

→ 見た目がだらしなく見えてしまう
姿勢が悪いと、物事へのモチベーションが低く見えてしまいます。
やる気がないと誤解されたり、自信がなく頼りないという印象を与えてしまいます。

→ 肩こり、頭痛の原因となる
人の体の中で最も重いと言われている頭。
頭を支えているのは、背骨です。
姿勢が悪いと、背骨付近の筋肉に負担がかかり、血流が悪くなります。
その影響は、肩こりや頭痛などの痛みに繋がっているのです。

→ 内臓関係の病気になりやすい
姿勢が悪いことで内臓が圧迫されてしまい、内臓の働きが悪くなることがあります。
内臓の働きが悪くなってしまうと、太りやすくなってしまったり、肌荒れなどの美容にも影響があります。

→ 太りやすくなる
姿勢が悪くなると、腹筋や背筋が衰えてしまいます。
筋肉が衰えてしまうと、基礎代謝が低下するので太りやすい体になってしまいます。

懸垂で姿勢を良くする

背筋、腹筋を鍛えることは良い姿勢を作るためには欠かせません。
懸垂は、背筋・腹筋・骨盤に近い筋肉などの様々な部位や体幹を鍛えることができます。
筋肉が鍛えられると、姿勢が良くなるだけではなく、基礎代謝も高まります。
懸垂の際にぶら下がることも背筋が伸び、鍛えられます。

当社の通販で取り扱っているマルチジムでしたら、ご自宅でも気軽に懸垂を行えます。
マルチジムは、上半身の筋肉を鍛えるのに効率よくウェイトトレーニングしたい方へおすすめのトレーニング器具です。

コラム

ページトップへ