【配送状況についてのご案内】
年末の繁忙期により、配送業者の遅延が発生する場合がございます。
ご希望の日時にお届けできない可能性がございますのでお早めにご注文をお願い致します。

 

ヨガマットの役割


ヨガマットの役割

ヨガマットの上でポーズをとる女性

女性に人気の高いエクササイズとして、ヨガがあります。
ヨガは、自宅でできる運動として、趣味として、多くの方に実践されています。
ヨガに必要なのは、動きやすいウェアとヨガマットです。
ヨガを行うにあたり、なぜマットが必要なのでしょうか?
疑問に思う方も少なくないかと思います。
しかし、ヨガ教室ではマットは必需品です。
そんなヨガマットの、必要性と役割についてご説明します。

身体を痛めないために

ヨガには様々なポーズがあり、座った状態で行うものから、複雑なポーズをとるものもあります。
床に寝そべったり仰向けになったりと、床と体が密着するポーズもあります。
硬い床で直接ポーズを取ると、骨が床にあたってしまいます。
すると、その部分の骨や皮膚に負荷がかかり、痛めてしまうことがあるのです。
ヨガマットは、床と体の間でクッションの役割をし、ポーズをとることによる痛みを軽減してくれる効果があるのです。

滑り止めの役割

フローリングは摩擦が少なく、バランスが必要となるヨガのポーズで手足が滑ってしまうことがあります。
ヨガマットはグリップ力が高く、手をついて力をいれても滑りにくい素材になっています。
ヨガマットには、そういった滑り止めの役割もあるのです。
ポーズをとった状態で手が滑りバランスを崩してしまうと、上手く受け身が取れず怪我をしてしまう事があります。
また、滑る事を気にしていると、身体に無駄な力が入ってしまい、ヨガに集中する事ができません。
グリップ力の高さは素材によって異なるので、ヨガの種類や好みで選ぶようにしましょう。

床の冷たさを防ぐ

ヨガは基本的に素足で行います。
フローリングは熱が逃げやすく、冬場は非常に冷たくなります。
床暖房がない場合には、身体が冷えてしまうこともあります。
ヨガマットを敷くだけで、素足が床に触れる事がなくなり、身体の冷えを防ぐ事ができます。
厚さのあるヨガマットの方が、床冷えを防ぐ事ができますが、その分沈みやすくバランスが取りにくくなりますので、注意しましょう。

当店では、厚さ6mmと8mmの2種類のヨガマットを通販にてご用意いたしております。
専用の収納バッグもついており、収納にも持ち歩くのにも便利なのでおすすめです。
カラーバリエーションも豊富で、お好きな色を選んでいただけます。
在庫があれば、即日発送を心がけていますので、早めのお届けが可能です。
激安なのに高品質なヨガマットを、ぜひ当店でお買い求め下さい。

コラム

ページトップへ